銀座ボニー東日本橋店News : 【ジェルネイルの持ちを良くする方法②】
日本ブラジリアンワックス協会

News
お知らせ

【ジェルネイルの持ちを良くする方法②】

2017年12月

《ジェルネイルの持ちを良くする方法①》で取り上げた内容以外にも注意点がいくつかありますのでご紹介いたします。

 

◆爪の性質

爪が薄いとジェルの密着が弱くなります。

 

ジェルをのせるには密着度を良くするため、爪の表面を少し削る必要があります。そのため、さらに爪を薄くしてしまいます。

 

この場合は、ジェルネイルを少し休憩して爪を強くする「ハードナーやストレンスナー」を使用することをオススメします。

 

爪の保護剤や栄養を与え保湿成分などが入ったものもありますので、ネイルサロンなどでお勧めの商品を聞き出すと良いと思います。

 

◆爪を切るときの対処法

爪が伸びて、どうしても短くしたい!という場合はファイルを使用しましょう。

 

ファイルで爪を短くしたから大丈夫なわけではありませんが、爪切りでパチンと衝撃を与えるより、ファイルで削る方が安全だからです。

 

ただ、先端を削る事により、キャップをとってしまうことになるのでジェルネイルが取れやすくなるのは避けられません。

 

爪切りで切ると、その衝撃で自爪にまで影響を与える事があります。二枚爪になったりヒビが入ってしまったりと起こりうる可能性が増えていきますので、爪を短くしたい場合はファイルで対応しましょう。

 

◆乾燥は敵!

ジェルネイルを施術する前や施術中は油分を除去しなければいけませんが、その後は逆に保湿が必要となります。

 

保湿することによって爪をキレイな状態に保つことができるので、ハンドクリームやネイルオイルなどをこまめに塗るようにしましょう!!

 

Copyright © . Ginza Bonny [銀座ボニー]東日本橋店 All Rights Reserved.